なりたち >> 詳しくはこちらをご覧ください。

 西日本工業倶楽部は、明治専門学校 ( 現在の九州工業大学 ) を父安川敬一郎とともに創立し、わが国産業界の重鎮であった松本健次郎の私邸が接収解除になったのを機に、かねてから北九州財界の一致した希望であった倶楽部結成の機運の高まりにより、昭和27年 ( 1952年 ) 10月17日に設立されました。
以来、国の重要文化財にも指定されたこの「旧松本家住宅」を拠点に、地域の経済発展・活性化に努めてまいりました。
現在は、さまざまな経済・文化活動を行うとともに、建物の公開・維持保存活動を行っております。

創立総会
倶楽部会館 >> 詳しくはこちらをご覧ください。

 西日本工業倶楽部は、地域の活性化を目指し、経済交流・文化振興の拠点として、各種の活動を行うとともに、重要文化財建物を活用した様々な行事や春秋の一般公開等を通じて、文化財の活用による地域活性化、文化財保護意識の向上に努めています。
倶楽部会館全景
倶楽部の現状 >> 詳しくはこちらをご覧ください。

 この建物は、東京駅や日本銀行の設計で名高い辰野金吾により設計され、明治 45 年( 1912 年)に竣工しました。
昭和 47 年 (1972 年 ) に、重要文化財に指定され、平成 19 年には、近代化産業遺産に登録、また、「九州・山口の近代化産業遺産群」として世界遺産に暫定登録された一連の建物の一つとなっています。
アールヌーヴォー調の極めて重厚、優雅な趣があり、当時の家具調度品も含めて、今でも、産業・文化の振興に役立つ活動に利用されています。

一般公開
 
 
 
   
 
一般社団法人 西日本工業倶楽部
〒804-0021 北九州市戸畑区一枝 1-4-33
TEL 093-871-1031 FAX 093-871-1071
Copyright©,2009, 西日本工業倶楽部, All Right Reserved